★★URLが変わりました★★
お手元のブックマークの変更をお願い致します。
新URL: https://asakaze-net.jp/

お釜(蔵王)

お釜(蔵王)の写真を掲載しています。

蔵王のシンボルとして知られる「お釜」は噴火によってできた火口湖で、ごはんを炊くお釜のように見えることが名前の由来のようです。エメラルドグリーンがきれいなお釜ですが、強酸性の湖水が日光の当たり具合などの影響で色を変えるため「五色沼」とも呼ばれています。

お釜は、蔵王連峰の熊野岳(標高:1841m)と刈田岳(標高:1758m)との間にあります。車やリフトで刈田岳の山頂近くまで行くことができ、そこから見えるお釜が有名ですが、熊野岳に向かう途中からも美しいお釜が見えます。

刈田岳側から見たお釜

車やリフトで気軽に行く事ができる刈田岳側から見えるお釜です。

2022/10/21

秋のお釜です。この角度からは深い緑色でした。

お釜7-1

2022/8/21

夏のお釜です。この日は鮮やかなエメラルドグリーンでした。

お釜6-1

2022/5/6

エコーライン・ハイラインの通行止めが解除された直後のお釜です。

お釜5-1

2021/10/30

エコーライン・ハイラインが冬期通行止めになる直前のお釜です。

お釜4

2019/3/10

冬の終わり頃のお釜です(スノーシューで行きました)。

お釜3

2015/10/6

有料道路(蔵王ハイライン)が無料開放されていたので行ってみました。

お釜2

2001/6/9

残雪が消える前のお釜です。

お釜1

刈田岳と熊野岳の中間から見たお釜

刈田岳から熊野岳に向かって20〜30分ほど歩いた地点から見たお釜です。お釜までの距離が短くなるので、迫力のあるお釜を見ることができます。

2022/10/21

秋のお釜です。少し水位が低いのがわかります。

お釜7-2

2022/8/21

夏のお釜です。この日は鮮やかなエメラルドグリーンでした。

お釜6-2

2022/5/6

エコーライン・ハイラインの通行止めが解除された直後のお釜です。

お釜5-2

2021/10/30

エコーライン・ハイラインが冬期通行止めになる直前のお釜です。

お釜4-2

熊野岳側から見たお釜

刈田岳から熊野岳に向かって1時間弱程歩いた地点から見たお釜です。高い位置から趣の違ったお釜を見ることができます(熊野岳山頂からお釜は見えません)。

2022/10/21

秋のお釜です。風で波立った湖面が光っています。

お釜7-3

2022/8/21

夏のお釜です。この日は鮮やかなエメラルドグリーンでした。

お釜6-3

2022/5/6

エコーライン・ハイラインの通行止めが解除された直後のお釜です。

お釜5-3

Map